2016年6月9日木曜日

紫陽花

夜の紫陽花がモサモサと咲いていた

夜の青に染まって全ての紫陽花を重ねて

暗闇に消えそうなほど

心の色をしていた

好きな花は紫陽花と答えた

紫陽花の人が

好きな理由に眠る

小さなころは

花に興味はなく

その下のまた下にノソノソといた

かたつむりに夢中だった


ゆっくりゆっくりと歩み

葉っぱをバリバリと食べ

にょきにょき目を伸ばし

夏になると消えていった


アスファルトを這うかたつむりの夢に

向日葵が咲いていて

はぐれて

車に踏まれた

粉々の殻を

傘をさした

少年が

しゃかんで

見つめていた