2019年3月1日金曜日

今年を振り返る

今年になって2ヶ月経ちました。今年を軽く振り返ってみたいと思います。

としまさです。


正月、故郷広島大竹の丘にて。
後ろに見えるのは宮島、煙突は三菱レイヨン。


正月に木村充揮さんを観るという、毎年恒例、松本家のめでたい行事。三宅伸治さん、有山じゅんじさんとの平成トリオ。大阪ビッグキャットにて。「新春!南吠える!!」





タバコジュース大久保くんとコウスケ君と新年会。今後について色々と話したけど、ALC.10%くらいのクラフトビールをいつものビールと思ってガバガバ呑みまくってたら、サクッと記憶が飛んだ。






高円寺へ、馬野幹さんのライブを観に行った。「銀河鉄道の昼」
とても楽しかったし、とても沁みた。
20年来ずっと尊敬してる表現者だ。
馬野幹さんのブログのリンク貼っときます。http://under-poet.blogspot.com/?m=1


共演の三上寛さん、初めてライブを観た。凄かった。唯一無二。





今年、自分の初ライブは、仙台のラリーアッサラームさんと、イチカとDJ布田四十郎と共に吉祥寺の酔っ払いホームベース、バオバブで。「LOVE」vol.6


ラリーさんのあたたかみに包まれた夜だった。イチカとは、また3/20に新百合ヶ丘チットチャットで共演する。写真めっちゃブレてる。






昔からの音楽仲間に呼ばれて、サングラス会。
久々に会う懐かしい面々。時間が経てば色々変わる。でも変わらないね。
子供もたくさん。みな元気そうだった。




メンバーのアトム君が久々に帰国してるということで、大好きなヒップホップユニットSUIKAのライブを堪能。
個々時を経て、磨かれて、眩しいくらい輝いてた。「SUIKA夜話」ATOM来日SP

色々な発見。驚き。聴き入った。踊りまくった。めちゃ楽しかった。
いろんな音楽家が入り乱れて、豪華で賑やかなお祭りだった。







くふきのリハ風景。今年は秋に1ヶ月ヨーロッパツアーに行く。再会や新しい出会いが楽しみ。去年からずっと色々な方々がブッキングなどで動いてくれていて有難い。
http://kufuki.jp/



毎年恒例、くふき主催の「アニマル新春」の一コマ。ダンサーのミナエちゃんとセッションするために、ドラムを組むハマちゃん。


久々会った。DJエビルペンギン。

あっという間に朝が来た。
総勢18組。全員最強無敵な夜だった。







福岡のボギーさんのワンマンライブを観に行った。至極の弾き語り。後半はさぶちゃんも出てきた。エンターテイメントの真髄を観た。
笑って泣ける。全員巻き込む1人カーニバル。





時計職人の友達に子供が産まれたので、新居に遊びに行ったら、職人の机があった。

謎の器具色々

幸せの図。
ヨギボーが欲しくなった。

インスタに時計のお直しの工程を載せていて、マジで宇宙。

機械式時計のお直しはぜひ菅原時計店へ★





DJ エリー・ザ・サン最高。

コグレチエコの個展。オープニングパーティーinオービット

大人も子供も、とても楽しんでいて、天国のようだった。

3/16に三軒茶屋オービットであるクロージングパーティーの面子が、としまさ的に激クソヤバイ。

コグレチエコ






ダンサーのミナエちゃん主催の遅めの新年会にて、工夫して集合写真撮ってる図。ミナエちゃんが時折開催する会には、いつもすごく面白い人が沢山集まる。毎回呑みすぎて記憶をなくす。


トムヤム鍋美味しかった



新年会に向かう夕方の道が懐かしくて綺麗だった。







今年に入って週に2回はパスタ作ってるので、ずいぶん上達した。






もんじゃ焼きしたくて、ヤフオクでホットプレート買ったら、運搬中に壊れていた。出品者に問い合わせたところ、返金してくれた。いい人だった。

接着剤とガムテープで修理した。

たまに呑み会する天才酒呑みS.S.W沢田ナオヤと風知空知の看板娘サキコちゃん。

愉快な呑み仲間たち。もちろん記憶をなくした。







松本敏将&ハイアーセルフのレコーディングを去年からコツコツやってる。
ギターのダビングをするダイくん。天性の素晴らしいフレーズ。ハートとギターのパイプがぶっとい。


エンジニアは昆野隆一郎(くふき・ a.k.a.布田四十郎)こちらも天才。


エリーちゃんとハマちゃん。
もちろん天才。
ベリーグッドグルーブ。
生涯やっていくであろう奇跡のバンド。
ハイアーセルフ。
タバコが動き出す前に、フルアルバムリリースする。






友達夫婦との呑み会で西荻の中華屋さんへ。
西荻深し。美味し。
最近、ここの砂肝炒めを真似て、下処理でめっちゃ切れ目入れてる。

のち、自宅に伺い、美味しい手作りプリンとコーヒーセットをいただきながら、よい音楽を聴いた。コーヒー苦手なんだけど美味しかった。このアルバムがとてもよかった。








下北の美味い焼き鳥屋でmammothとくふきの共同企画パーティーミーティング。主に自慰について語る。








会場に行けず、ズクナシ解散ライブ中継を観た。

すごい盛り上がり。
解散さみしいけどしゃーない。
くそかっこいいバンドだった。
それぞれの活動を応援したい。




立川を散歩してる時見つけた、シュールなシャッター。じわっといい絵。


写真が残ってるものをなんとなくあげ連なったけど、写真に写らない喜びや悲しみに乾杯。そして、写真にも記憶にも残っていない、魂に記憶された喜びや悲しみに乾杯。

平成31年1月〜2月

おしまい。

めでたし。

めでたし。






2019年2月28日木曜日

ミニツアーを終えてぼんやりと思うこと。

2月が終わりますね。

としまさです。

『1月は「いぬる」2月は「にげる」3月は「さる」と言われておりまして、あっという間に3学期は終わってしまいます』
と、小学校の校長先生が全校朝会で言っていたことを思い出します。
ちなみに「いぬる」は広島の方言で「去る」とか「帰る」という意味です。
ぼくは「また校長先生が今年もおんなじ事言いよるわあ〜」  などと思いながら、そんな時間は、山にある鉄塔から鉄塔へ、電線から電線へと飛び回る妄想をしたりして時間を潰していました。

話変わりますが、子供の頃は、毎日同じ道を歩いて家に帰るという日々の仕事を出来るだけ楽しくこなすために試行錯誤したものです。
例えば、良さそうな石を選んで、ドブや用水路に落とさないように蹴りながら帰り、上手く家まで蹴って帰れた石は魔法がかった特別な石として大切にしてみたり。
あと、エンジン音を叫びながら車になったつもりで走って帰るのが流行った時期もありました。これは時間を潰す強力な効果があって、あっという間に家に着くのでした。まさにワープです。
今思い出したのですが、変わり種だと、乾いた犬のウンコを蹴りながら帰るというのが流行った時期もありました。たまに表面だけしか乾いてなくて、靴にウンコがこびりついたりして、ガッカリすることもありましたが、いい感じのウンコに出会うと、これもかなりのワープ効果がありました。汚い話ですみません。
要は、夢中でいられることを色々と見つけては、時間を忘れていたのでした。
その延長上に音楽があったのですが、石蹴りや、車の真似や、ウンコ蹴りと違うのは、何年たっても、飽きず、どんどん新しい発見があるし、どんどんおもしろくなるなあと、今回のミニツアーを終えてみて、ひしひしと感じておる次第です。(なんとか繋がった…)

東京、名古屋、京都、大阪、おかげさまで、どのライブも、とても楽しかったです。各会場でシンクロや奇跡がいくつも起こりました。
今回のミニツアーに関わってくださったみなさん、遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました。



今回、大阪以外は衛くんと巡りました。
今も彼の歌が鳴ってます。当分鳴ってそうです。




1日目、下北沢 風知空知で開催した「Small Change」vol.2に出演してもらった、夜のストレンジャーズの三浦さんは、今回の共同企画者の衛くんの紹介で初めてライブを観たのだけど、ブレないメッセージと音楽スタイルを持ってる最高にロックな兄さんでした。あと、国立の大先輩でした。写真は帰る途中の国立の酒場で。




2日目、名古屋に着いて、とりあえずきしめんを食べました。カレーの研究家の一面もある衛くんはカレーきしめんを食べてました。でも、あんまり美味しくなかったそうです。ぼくは普通のを食べて味はごく普通でした。この日から一緒のはせがわかおりが食べた味噌煮込みきしめんが当たりでした。


お初の今池 GURU GURUは、店主のダイさんの好きなものが集まって出来てるおもちゃ箱みたいなお店で、置いてあるものが一つ一つ素敵で、見回してるだけでわくわく楽しくなってくる空間でした。


はせがわかおりも相変わらず素晴らしい弾き語りでした。


思い切り唄いました。


アブサンで酔っ払いました。

あんまり名古屋行かないのに、名古屋のお客さんはとてもあたたかくて、とても嬉しかったです。



電車とバスをよく乗り継いだツアーでした。


名古屋名物金のシャチホコ。

衛くんのお店、京都 寺町cafe bar「大丈夫」に着いて、カレーを食べたのですが、めちゃめちゃ美味しくて感動しました。


京都散歩してたら、有名なかぼちゃ発見。



絶好調。


3度目の大丈夫での弾き語りライブ。毎回魔法にかかる感じがします。大丈夫マジック。
「ケ・セラ・セラ!ツアー☆」ということで、最後にみんなでケ・セラ・セラを歌いました。なるようになるさ。なるようになった。


美味しいお酒と、料理をいただきつつ大丈夫で打ち上げ。
スタッフのあゆちゃん、かおりちゃん、3日間一緒に回り、3日ともに最高のライブを観せてくれた衛くん、この日、ライブで歌いながら号泣してた天才はせがわかおり、楽しかったです。ありがとうございました。


衛くんが主催してる「いつまでも世界は…」のリンクです。これからさらにどんどん出演者発表されていくと思うので、チェックしてみてください。



イカを食べながら大阪へ。


4日目は、大阪、谷町四丁目SKIPPYにて、 SKIPPY 7th anniversary

松本敏将 × ひろたうた 2マン』

でした。相変わらずSKIPPYの店主のヒデさんのグルーブが最高で、さらに、ひろたうたのグルーブとお酒が合いすぎて、酒量がグングン伸びた夜でした。

ひろたくんは唄もギターもメッセージも一貫してあたたかくスイングしててかっこよかったです。バンドも観てみたくなりました。



お店の7周年のお祝いということで、お祝いの気持ちを込めて唄いました。
店主のヒデさんと今回色々と話せて、おもろい中にも、とても熱いハートを感じました。お祝いの会に声をかけてくださって、ありがとうございました。

そういえば、大好きな歌唄いのガリザベンが来てくれました。あと、ベベチオの平くんと、アナタキコウの松浦さんが、飲みに来てくれて、打ち上げでたくさん笑いました。

SKIPPY7周年おめでとうございます。




といった感じのミニツアーでした。
各会場に足を運んでくださったみなさま。
また会える日を楽しみにしています。
ありがとうございました☆


大阪で泊まったホテルの窓から学校のプールが見えて、なんだか不思議な気持ちになりました。水って綺麗ですね。

めでたし

めでたし




次のライブは、3/11仙台のSENDAI KOFFEEです。
タカハシヨウヘイさんが毎年開催しているお祭りに今年も出演します。
ぜひ☆

2019/3/11(mon) SENDAI KOFFEE
『〜3.11〜小さな宇宙の音楽祭』
open 18:15 / start 19:00
charge 投げ銭+1drink
LIVE
松本敏将、次松大助(The Miceteeth)、タカハシヨウヘイ

SENDAI KOFFEE
仙台市青葉区春日町4-25パストラルハイム春日町一階